マンションの管理会社を変更したい時のチェックポイント

マンションの管理会社って変更できるの?

管理会社の変更を考える

管理会社を変更する場合、ある程度決まった手順があります。 管理組合との合意やそのタイミング、マンション適正化法という法律や規約に沿った手続きなど、守るべきルール等が存在しています。 こちらでは、その守るべきルールに沿って、管理会社を変更する手順を説明していきます。

変更するメリットとデメリット

こんなに長い時間や労力をかけて、管理会社を変更するメリットはどこにあるのでしょうか。 また、それ以上に避けたいデメリットはないのでしょうか。 何かを変える時に、メリットとデメリットはつきものですよね。 この2点をしっかりと把握し、より良い管理会社を見つけたいものです。

変更する際の注意点

長い時間をかけて契約変更の手続き等を行っていると、当初の目的から外れてしまいそうになることも出てくるかもしれません。 管理会社を変更する際に、他の管理組合の方はどんなきっかけで変更を決めたのでしょうか。 また、その際に注意しなくてはならないことは何なのか、しっかり把握していきましょう。

変更する時のルールや順番

マンションの管理会社を見直してほしい、また変更を検討すべきなのではないか、といった住人の方々からの声が総会や理事会へ寄せられた場合、どのように対応したらよいのでしょうか。

一言に管理会社を変更するといっても、具体的にどのように進めれば良いのか、あまり知られてはいないのではないでしょうか。
そもそも変更できる事もあまり知られていませんよね。

マンションを購入するときは、かなりの下調べをしたり、複数のマンションの比較をしたりと、時間をかけて購入に至りますが、管理会社をよく調べてから決めるという話しはあまり聞かないですよね。
ほとんどの方が購入時に紹介された会社を、特に何の疑問を持つこともなく決めてしまっているのではないでしょうか。

しかし、実際住んでみると、管理会社によってサービスは様々で、管理会社に対する満足度にもかなりの差があるようです。
管理組合としては、既存契約している管理会社と不満な点について交渉をすることもあるかもしれません。
それでも納得の得られる結果が出なかった場合、やはり管理会社を変更する必要があるのではないか、という話になってきますよね。

そこで、実際に変更を検討する立場になった場合、どのような順序でどんなメリットとデメリットがあって、そして何に注意し選定をすればよいのか、しっかり把握しておきたいところです。

こちらでは、管理会社を変更する際に必要な基礎知識をお伝えしたいと思います。