マンションの管理会社を変更したい時のチェックポイント

>

変更するメリットとデメリット

変更するメリットは

これどもまでに長い時間をかけて、労力も使い管理会社を変更するメリットはどこにあるのでしょうか。

まずは、何といっても、管理の質が向上する事です。
様々な不満があっての管理会社の変更ですから、その不満を改善する為にどのような管理会社を選べばいいのか、という選定をしているはずですよね。
収支のバランスがよく、メンテナンスが行き届いているということになるはずです。

2つめは、管理費が下がる可能性が高いとうこと。
実際、管理委託費が高額であるケースが多いそうなのです。
ということは、管理会社が変われば委託費が削減され、結果的に管理費自体が安くなることになります。

サービスの質が向上し、管理費も安くなる、となればやはり労力をかけて管理会社を変更するメリットは多大にありそうですね。

変更するデメリットは

メリットばかりを取り上げてきましたが、良くないところなどのデメリットはないのでしょうか。

マンションには国土交通省で作成された規約に則って作成された管理規約というものが存在します。
だから、管理自体のルールというものは基本的にどの管理会社でも変わりません。
しかし、個別に交わした契約等がある場合、きちんと引き継がれるよう再度契約を交わしておく必要がありますね。

また、人は何かが変わる事に関して心理的に負担に思うことがありますよね。
これは、どんなに説明をしても漠然とした不安を感じる方がいらっしゃるかもしれません。
こうした疑問や不安を、しっかりと払拭する他組合の方の事例なども準備しておいてもよいでしょう。